天鳳

3月半ばに五段に上がったのですが、7月末に四段に戻されてしまいました。調子の良い時に五段に上がるのだけど、定着できずに戻される。これ何回目だろ? 4回目ぐらい?


成績詳細

天鳳

前にも何度か四段まで上がっているのですが、毎回々々定着できずに四段に戻されています。下手すると三段まで落ちたり。


成績詳細

順位が 1>4>3>2 で相変わらずトップラス麻雀です ...

書籍

AmazonのKindleストアにて恒例の【40%OFF以上】Kindleストア7周年記念セールが行われています。麻雀関連書籍も40%以上割引になっています。

期間: 2019年10月25日(金)00時00分 ~2019年 ...

雑記

どうにも勝てない。天鳳の上級者卓で遊んでいるのだけど、勝てない。

親番で大きくツモられる
マイナスを取り返せない
点数に合わせて手を作っても軽く蹴られる
そもそも聴牌すらしない。川にメンツができている ...

AI

Microsoftの麻雀AI Suphx が天鳳10段を達成したことが話題になっています。リリース文によると、東京大学の「爆打」・ドワンゴの「NAGA25」に比べても強いAIに仕上がっている模様。

麻雀 AI Microsoft ...

雑記

1つのゲームで雑誌が成り立っている分野は数多くあるが、漫画雑誌で成り立っているものは少ない。麻雀、ゴルフ、釣り、パチンコぐらいだろうか。麻雀と競技人口がほぼ同じである将棋や囲碁には活字の雑誌はあっても、漫画雑誌はない(たぶん過去にも存 ...

麻雀のルール

私が麻雀を覚えた頃のアリアリルールは、今の一般的なルールとほとんど一緒である。ちょっとだけ違う。この連載の最後に、その「ちょっと」を書いておく。


赤入りが普通になった

私が覚えた ...

麻雀のルール

完先という謎ルールを知ったのはいつだっただろうか。麻雀本か麻雀雑誌で読んだのだと思うが、覚えていない。阿佐田哲也さんの本かもしれない。

「先付け」という言葉の意味は阿佐田本で知ったのだと思うが、完先はどうだったか? ...

麻雀のルール

昭和時代の麻雀入門書を古本屋で見つけました。昭和50年(1975年)7月30日発行ですので、40年以上前の書籍です。私が麻雀を覚えた時よりも数年前の書籍。

入門麻雀教室 延一平著、昭和50年7月30日 土屋書店発行

麻雀のルール

前回記事 「麻雀のルールの話(2) | ず's 麻雀」 読み返してみたら、若い人にはわからないかもしれない記述があるので、追記します。

点数計算

“基礎点が20符から2符単位、8翻まで、結果を10点単位”